メタボリック

メタボリックシンドロームって、なに?

メタボリックシンドローム

メタボリックシンドロームは「内臓脂肪症候群」とも呼ばれ、内臓脂肪型肥満に高血糖、高血圧、高脂血など複数の危険因子が重なった状態を云います。

ひとつひとつの異常の度合いが小さくとも、積み重なる事により危険度が増大します。この状態を放置し続けると、脳卒中や心筋梗塞、糖尿病合併症などに進んでしまいます。内臓脂肪型肥満は、皮下脂肪型肥満と比べて見た目では判断しづらく、「つい油断をして気がついたら肥満」になりかねません。 詳しくは腹部CT検査で測定されますが、ウエスト径でも内臓脂肪の判定が可能です。

男性は85cm、女性は90cm以上あると内臓脂肪の蓄積があると考えられます。
この診断基準は、日本の関係8学会(動脈硬化学会、糖尿病学会、肥満学会、高血圧学会、循環器学会、腎臓病学会、血栓止血学会、内科学会)により策定されたものです。 この参加学会を見てもいかにメタボリックシンドロームが注目されているかがお解りになると思います。

メタボリックシンドロームは、食事や運動などの生活習慣が密接に関係しています。
内服治療よりも、食生活の改善や運動習慣の徹底など生活習慣の改善が大事です。
メタボリックシンドロームがご心配な方は、是非ご相談下さい。

メタボリックシンドロームが引き起こす動脈硬化

血管年齢を測り、早期に動脈硬化を防ぐ!

メタボリックシンドロームを放置しておくと、やがて動脈硬化を引き起こします。
動脈硬化は、脳や心臓などの血流が悪くなり、血管がつまりやすくなって、脳卒中や心筋梗塞などの病気を引き起こします。
メタボリックシンドロームの予防は、糖尿病・高血圧・高脂血症を予防するとともに、その最終結果の動脈硬化を予防することにあります。

閉塞性動脈硬化症
心筋梗塞
脳梗塞

管が硬くなる原因には、加齢、高血圧、高脂血症、高血糖、アルコールやたばこ、生活習慣等さまざまな原因が考えられます。
定期的にメタボリックシンドロームの検査や頚動脈超音波検査等で血管年齢を測定して、規則正しい生活をしましょう。

ページトップへ戻る

 

平成28年5月9日(月)より受付時間が変わりました。
平日  午前 8:45~12:00
            午後 2:45~6:00
土曜日 午前のみ 8:45~12:00
問診票ダウンロード
インフルエンザワクチン問診票ダウンロード