内視鏡検査

平成25年4月より、相模原市胃がん検診に内視鏡検査が加わりました。

40才以上の方が対象年齢です。ご予約が必要です。

  詳しくはこちらをご覧ください。 

苦痛が少ない、鼻からの内視鏡

経鼻内視鏡検査は楽なの?

経鼻内視鏡検査

鼻からの内視鏡検査は痛くない?つらくない?と質問される患者さんがいらっしゃいます。
経鼻内視鏡は5.9mmと細径で、鼻から入っていくのでノドの奥の刺激が少なく、オエッとなりません。
実際にモニターで胃の中を見ながら、検査中に医師と話ができます。

鼻麻酔は患者さんの体質にもよりますが、麻酔のかけ始めに少し刺激感の出る場合があります。
また経口内視鏡で使用するノド麻酔や鎮静剤の注射も必要ありませんので、検査後、比較的短時間で日常生活に戻れます。

「鼻からの胃内視鏡」検査の手順(当日)

受付・問診

  • 予約時間には病院に着くようにし、受付を済ませます。
  • 安全に検査を行うため、事前に以下のようなことをお尋ねします。

薬のアレルギーはありますか?

鼻血はよく出ますか?

血が止まりにくいことはありますか?

血液をサラサラにする薬を飲んでいますか?

耳鼻咽喉科で鼻が悪いと言われたことはありますか?

肝臓が悪いと言われたことはありますか?

※食事摂取は検査前日の夜9時までとなります。(但し、水やお茶などの水分接種は可能)

STEP 1

STEP 1
消泡剤を飲んで、胃の中をきれいにします。

STEP 2

STEP 2
鼻の通りを良くする薬液を点鼻、または噴霧します。

STEP 3

STEP 3
仰臥位にて、両鼻腔に麻酔薬をスプレーします。

STEP 4

STEP 4
スコープに水溶性潤滑剤を塗布して挿入します。

※鼻麻酔はスプレーで行います。 ※鼻麻酔はほとんど痛みはありませんが、刺激感の出ることがあります。
 検査後は、検査結果や治療についての話を聞きます。(すぐに帰宅できます)

注意事項

● わからないことがありましたら、遠慮なくお尋ねください。

帰宅後、痛みが強かったり、黒い便が出たりしたら、連絡するか、来院してください。

次回来院の指示がありましたら、必ず来院してください。


経鼻内視鏡検査

当院では、従来の口からの経口内視鏡と鼻からの経鼻内視鏡検査を選択できます。経鼻内視鏡では、ポリープ切除や止血処置はできません。

また、血液をさらさらにする薬を服用されている方や肝疾患で出血が止まりにくい方は鼻出血の危険性が増すため従来の経口内視鏡をおすすめします。
詳しくは医師におたずね下さい。


ページトップへ戻る

 

平成28年5月9日(月)より受付時間が変わりました。
平日  午前 8:45~12:00
            午後 2:45~6:00
土曜日 午前のみ 8:45~12:00
問診票ダウンロード
インフルエンザワクチン問診票ダウンロード