アミノインデックス

NEW すい臓がんが加わりました

1回の採血で、複数のがんのリスクを評価!  

アミノインデックス

がんリスクスクリーニング(AICS)

AICS(エーアイシーエス)とは?

AICSは血液中のアミノ酸濃度を測定し、健康な人とがんである人のアミノ酸濃度のバランスの違いを統計的に解析することで、がんであるリスク(可能性)を評価する検査です。

検査の対象となるがんの種類

男性AICS[5種]胃がん、肺がん、大腸がん、膵臓がん、前立腺がん24,000円
女性AICS[6種]胃がん、肺がん、大腸がん、膵臓がん、乳がん、子宮がん・卵巣がん24,000円

※子宮がん・卵巣がんは、子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がんを対象としています。
 いずれかのがんであるリスクについて評価することができますが、それぞれのがんのリスクについて区別することはできません。

検査の結果について

AICSは、それぞれのがんについて、がんである確率を0.0~10.0の数値(AICS値)で報告します。
リスクの傾向は数値が高いほど、がんである確率が高くなります。
また、このAICS値からリスクを判断する目安として、「ランクA」「ランクB」「ランクC」に分類され、 がんであるリスクの傾向が3段階で示されます。
リスクとは、確率、可能性、危険性などと呼ばれているもので、がんであるか否かをはっきりと判断するものではありません。

ランク分類ランクAランクBランクC
AICS値0.0~4.95.0~7.98.0~10.0

低い がんであるリスク 高い

検査の対象者について

AICSは、下記年齢の日本人(妊娠されている方を除く)を対象として開発された検査です。
これらの方以外のAICS値は評価対象外となります。

対象となるがん対象年齢
胃がん、肺がん、大腸がん、膵臓がん、乳がん25歳~90歳
前立腺がん40歳~90歳
子宮がん・卵巣がん20歳~80歳

AICS受診前の注意点

● 検査のための採血は、食事後8時間以上あけ、午前中に受診して下さい。

アミノ酸のサプリメント、アミノ酸含有スポーツ飲料、アミノ酸製剤、牛乳・ジュースなども食事同様にお控えください。

検査時に妊娠されている方、授乳中の方、がん患者(治療中を含む)の方、先天性代謝異常の方、透析患者の方は、AICS値に影響がありますので検査は受けられません。

AICSは午前中のご予約となります。

ページトップへ戻る

 

平成28年5月9日(月)より受付時間が変わりました。
平日  午前 8:45~12:00
            午後 2:45~6:00
土曜日 午前のみ 8:45~12:00
問診票ダウンロード
インフルエンザワクチン問診票ダウンロード