AIRS(アミノインデックスリスクスクリーニング)

アミノインデックス検査が新しくなりました!

一回の採血で三大疾病を評価*

アミノインデックス®リスクスクリーニング(AIRS®)

現在「がん」である可能性
10年以内に「脳卒中」を発症するリスク
10年以内に「心筋梗塞」を発症するリスク

さらに4年以内に「糖尿病」を発症するリスクも評価します
*現在がんである可能性、10年以内に脳卒中・心筋梗塞を発症するリスクを評価します。
※脳卒中と心筋梗塞は、2つ合わせてAILS(脳心疾患リスク)として評価します。

さらに4年以内に「糖尿病」を発症するリスクも評価します

検査の特長

健康な方の血液中のアミノ酸濃度は、それぞれ一定に保たれるようにコントロールされています。しかし、さまざまな病気になると、血液中のアミノ酸濃度のバランスが変化することが分かっています。
AIRS®は血液中のアミノ酸濃度バランスから、現在がんである可能性(AICS®) 、10年以内に脳卒中・心筋梗塞を発症するリスク、4年以内に糖尿病を発症するリスクおよび血液中の必須・準必須アミノ酸の低さ(AILS®) を評価する検査です。

検査の対象と検査前の注意事項

検査の対象と検査前の注意事項

  • AIRS®は日本人を対象として開発された検査です。これらの方以外の結果は報告されますが、評価対象外となります。
  • 検査時に妊娠されている方、授乳中の方、がん患者(治療中を含む)の方、先天性代謝異常の方、透析患者の方は検査結果に影響がありますので、検査を受けていただくことはできせん。
  • 脳卒中・心筋梗塞の方(治療中も含む)のAILS(脳心疾患リスク)値やランク判定および検査結果に基づくタイプ、糖尿病の方(治療中も含む)のAILS(糖尿病リスク)値やランク判定および検査結果に基づくタイプも出力されますが、いずれも評価対象外となります。

食事

検査前8時間以内に、水以外(食事、サプリメント等)は摂らないでください。

運動

正しい検査結果を得るために、検査当日朝の運動はお控えください。

お薬

薬剤の検査への影響に関しては分かっておりません。検査当日のお薬の服用方法については、事前に主治医にご相談の上、その指示に従ってください。

○AICS®は採血を行った時の、現在がんである可能性を評価する検査で、生涯にわたってのリスクを予測するものではありません。また、がんで  あるか否かを判断するものではありません。ランクAでもがんでないとは言い切れません。ランクBやCであっても必ずがんであるということで  はありません。AICS®はその他の検査結果とともに総合的に判断されるものです。
○AICS®では子宮がん・卵巣がんは、子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がんのいずれかのがんである可能性について評価することはできますが、そ  れぞれのがんの可能性について区別することはできません。
○AILS(脳心疾患リスク) は10年以内に脳卒中・心筋梗塞を発症するリスクを、AILS(糖尿病リスク)は4年以内に糖尿病を発症するリスクを評価  するもので、生涯にわたってのリスクを予測するものではありません。

ページトップへ戻る

 

★2019/10/22(火)祝日のため
 休診とさせていただきます。


2016年5月9日(月)より受付時間が変わりました。
平日  午前 8:45~12:00
            午後 2:45~6:00
土曜日 午前のみ 8:45~12:00
問診票ダウンロード